So-net無料ブログ作成

WebAdmin プラグインのインストール [trac]


trac 0.10.3における、WebAdminプラグインのインストール

まずは、pythonのez_installをhttp://peak.telecommunity.com/からez_install.pyをダウンロードしてインストールする。

# python ez_setup.py


このとき、http経由でインストールが行われるので、proxy経由でhttpアクセスする必要がある場合は、環境変数にhttp_proxy=http://(proxy URL):(port)が設定されていないといけない。
環境変数が設定されていない場合は、以下のコマンドで環境変数を設定する。(シェルがbashの場合)

# export http_proxy=http://(proxy URL):(port)/


WebAdminのソースを取得&WebAdminのeggを作成して、インストールする。

# cd /usr/share/trac/plugins
# svn co http://svn.edgewall.com/repos/trac/sandbox/webadmin/
# cd webadmin
# python setup.py bdist_egg
# cd dist
# easy_install-2.4 TracWebAdmin-0.1.2dev_r4429-py2.4.egg


プラグインを有効にするために、trac.iniに以下の設定を追加する。

[components]
webadmin.* = enabled



WebAdminでできること

  1. General(全般)
    • Basic Settings(基本設定)
    • プロジェクトの名前、URL、概要の設定
    • Logging(ログ設定)
    • ログの出力有無(console、file、syslog)および、出力先
    • Permissions(権限設定)
    • tracユーザに対する権限の付与
    • Plugins(プラグイン設定)
    • 各モジュール毎にプラグインの有効無効設定

  2. Ticket System(Ticketの設定)
    • Components()
    • チケットのコンポーネントの追加、削除、編集
    • Milestones
    • チケットのマイルストーンの追加、削除、編集
    • Priorities
    • チケットのプライオリティの追加、削除、編集
    • Severities
    • チケットの障害度の追加、削除、編集
    • Ticket Types
    • チケットの種別の追加、削除、編集
    • Versions
    • チケットのバージョンの追加、削除、編集



今まで、trac-adminのコマンドラインで行っていたことが、GUIで行えるようになるので、かなり便利。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。